たんぽぽハウスの活動を紹介します

作業活動(就労訓練)

作業活動(就労訓練)

たんぽぽハウスでは、利用者の皆さんにとって居心地が良く、ゆったりと過ごせる施設であることを心がけています。
利用者の皆さんの主な作業活動は、古着・古布をリメイクする、身体負担の少ない手芸(巾着・手提げなどの小物作り)が中心です。
ご自身のペースで、楽しく作業を進めることができます。
これまでミシンなどの手芸の経験がない方でも、時間をかけてゆっくりと指導しますから、安心です。
細かな手作業が苦手な方でも、例えば古着をほぐす作業、アイロンをかける作業、型とりをする作業などいろいろな仕事があり、ご自身の体調をみながら、自分を生かせるものを選ぶことができます。

販売活動(ふれあい製品展示販売会)

販売活動(ふれあい製品展示販売会)

利用者の皆さんが製作された製品を、「ふれあい製品展示販売会」を通して一般の皆さんに販売します。
そのほか、市内観光地のお土産屋さんでの委託販売も行っています。
自分が製作した製品を買っていただけた時の喜びは、利用者の皆さんの就労意欲の向上につながります。
※仙台市では、障がいのある方が製作した製品を「ふれあい製品」として、「ふれあい製品展示販売会」を市内各区役所や市内文化センターなどで開催しています。

体験実習の受け入れ

レクレーション活動(月1回程度)

ご希望により、体験実習も受け入れております。
体験実習では、限られた時間内ですが、利用者の皆さんと一緒になって簡単な作品製作などを行い、たんぽぽハウスの活動を身近に感じていただけます。
また、仙台市内の学生さんなどの実習も受け入れています。
写真は、実習生として来られた、仙台市内の特別支援学校の生徒さんの作品です。

レクレーション活動(月1回程度)

レクレーション活動(月1回程度)

月に1回程度の目安で、利用者の皆さんで近場へのお出かけしてのバーベキュー大会など、レクレーションを実施しています。
共に働く仲間との作業を離れての活動は、男性・女性を問わず、ゆっくりと過ごすリフレッシュできる時間となっています。

仲間